読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は」を見て感じたのは年をとってしまったということ

先ほど「君の名は」見に行ってきました。

 

(以下少しだけネタバレあり)

 

シンゴジラをで見た「君の名は」の予告では全く興味なかったんですけど、日々あらゆるところで話題になり、これは見るしかないなと。

 

結果から言えば、とても良かったですね。

あえて何の事前情報も持たないように、映画の感想を書いているエントリや映画レビューなどは一切見ず、ラジオやテレビなんかで君の名はについて特集しているようなものがあれば即視聴をやめておりましたので、映画を見終わった後、これまであえて見なかった「君の名は」関連記事を一通り見漁りました。

 

中でも以下のエントリは同じ31歳として(僕は男だけど)共感できました。

ecochiko2.hatenablog.com

 

既婚で子供も生まれている30代が見るとやはりバッチリ感情移入するのは難しく、どこか10年以上前の自分を頭の片隅に置きながら見ざるを得ませんでした。

 

と同時に思ったのは、これ僕が童貞だった頃に見てたとしたら、ゲロ吐くぐらい感動していただろうということです。半日は何も食べられず、3日はこの映画のことを考えて悶々としていただろうということです。もしかしたら進路なんかに影響し、僕の人生を大きく変えていたかもしれません。それほどまでに童貞心をくすぐられました。

 

口噛み酒のくだりやRADWINPSの音楽、綺麗なアニメーションなど、純粋な童貞の心に大きな楔を打ち込む演出があり、まぁ細かい演出に素人が言及してもしょうがないんですが、その度にそれをどこか少し離れたところから見守らざるをえない心境にさせられ、僕は年を取ってしまったと思いました。

 

初めて彼女ができた時、初めてセックスをした時に、結婚した時に、子供が生まれた時に、少しずつ僕は現実を知ったのだと分かりました。その度に幸せと共に頭の中の空想力の限界値のようなものが下がっていったのだと気づきました。

 

映画の終盤は映画に見入りながら、「今からでもゲロ吐くほど感動することができるんだろうか」と「どうやったらおっさんになっても感動できるかな」とずっと考えていました。そして今も。

 

その答えはまだわかっていないけれど、もしその答えがわかった時にできるだけ自由に動けるように今は仕事を頑張ろう。

と、無理やり自分をモチベートし、現実的金銭的メリットと今の興奮を結びつけたリアリストな僕にまた少し落ち込みました。